2017年5月 1日 (月)

2017.04.29 福岡1-0東京v

レベスタ観戦。

ナイスゲームですね。1点が遠い試合が続いていますが,この試合はボール奪取が機能していました。山瀬選手,駒野選手の調子が上がってきました。

2人とも出ましたが,高木兄弟の父上は横浜大洋ホエールズの内野手で小柄ながら走攻守揃っていた高木豊氏。その後の解説もいい。

実は子どもの頃から大洋ファン(パではライオンズ)だった私は,平和台での巨人戦でセカンドゴロをさばいた豊選手のプレイに痺れたものです。内野安打かと思われた当たりを間に合わない1塁に投げずにタイミングを計って3塁に矢のような送球をしました。

3塁に到達していた走者はわずかなオーバーランでタッチアウト!

周りは全て巨人ファンなんですが「いいぞー!ユタカ~!」と叫びました。

福岡にはアンチ巨人が多いと聞いていたけどなんのなんの。

(えっ!大洋ファンがいたんだ~という妙な雰囲気には構わない私でした--;)

(その後ベイスターズ大量解雇に怒り長年の応援をやめました(TT))

出身高校はウィキペディアで知りましたがサッカーの有名校だった多々良学園。中原貴之選手をはじめJにもたくさんいます。あの息子たちはみんなサッカーでベルディ。豊氏のDNAが発揮されたら怖いなどと心配しておりました。

--------------------------------------------------------------------------

結果はアビスパの攻守がうまく働きましたね。

連動しお互いを生かすことが出来ていました。まだまだ深まりそう。

堅守ベルディでも3-0であってもおかしくない内容じゃないですか。

判定次第で2-0は確実でしたが・・・。

だからここのラインだけでもJでビデオ判定導入して欲しい。

(相撲,野球,ラグビーetcで出来るのに)

選手達にとってもあの實藤選手のプレイを生むために皆がどれだけの努力と時間を

費やしているかと思うと・・・。

正当な判定であれば残念な結果でも受け入れらるが,見切れない結果であれば

誰にとっても残念なはず。主審が裁くのにも限界があるのは理解できますからね。

さて,これからの連戦,今季の層の厚さを実感したい時期に入りますね。

2017年4月 1日 (土)

この借りを・・・

Dsc_0514

井原監督のコメント「借りを返す」・・・そうです!

好調横浜FCに明日勝つ意味は大きいと思われます。

力を持つライバルには勝つことで

相手の調子を落として行くようにすることが昇格への道。

NYCのこのスコアは悔しい…。鹿島に負けた方は印象が薄れつつありますが

この試合はずっと引っかかっています。あの時との違いを見せてくれ~。

2017年2月 1日 (水)

今年も宮崎キャンプへ

車で3時間と?分。

宮崎は近くなりました。

ホテルまで走る井原監督の姿は青春映画のワンシーンの様です。

(太らないわけだ)

あの宮崎の夕日を追いかけて福岡を出発。

今NYCと呼ぶ試合は,もはや練習試合ではなく賞金がかかった真剣勝負。

賞金というより横浜FCとの同リーグ同士の初戦は重要。

でも勝っても怪我しましたでは・・・。

どのような試合でも運びがうまい鹿島にも勝って欲しい。

今年のように戦力充実だとなおさら。

勝利を見届けに行きます。さて結果はいかに。

2017年1月22日 (日)

2017.01.21 TRM アビスパトップvsU-18

この日のニュースは多々あれど

①トランプ米大統領に就任・・・『全米』が・・・どころか世界注目。

             妻はモデルばかりで今の妻はスロベニア出身か

             プシュニクさんどうしていますか

②稀勢の里初優勝・・・父の手記に涙

③アビスパの実戦形式での練習・・・この時期,昨年より良いんじゃないですか

雁の巣は賑やかでした。有料駐車場もほぼ満車。14:00からの練習見学者もたくさん。

売店ではニット帽などの販売がありました。欲しかったけどすでに防寒対策はしてきたので我慢しました。ちょっと手袋を外すとあっという間に冷えてきました。

昨年の宮崎で行われたNYCは現地とスカパーで観戦しましたが,「始まったばかりでこんなものかな。メンバーも入れ替わったし。。。多分これから良くなるだろう」と希望的観測。リーグ戦を通してみると,当初,宮崎で感じた印象が実際,年間通して変わらなかった部分があるということに気づきました。

そういう意味では30分の4本で行われたこのTRMは満足でした。

ハードトレ途中でしょうがそれでもまずまず動いていました。石津選手の動きは前線での求心力を持つだろうと予測をしていましたが,そういった予感をさせてくれました。城後選手が生き生きと動いていました。守備に追われない城後選手も面白い・・・。

ウェリントン選手やダニルソン選手の凄さ・・・。高校生がぶつかっていっても動く壁の様に跳ね返す跳ね返す(笑)彼らにもいい練習になったでしょうか。果敢に攻めていましたね。

ミズキ選手は体が大きくなったでしょうか。冨安選手のジャンプは健在。一人欧州クラブのレギュラーを連れてきたレベルと言えば言い過ぎかな・・・。

GKで一番声出しをしていたのはやはりカミ。元GKの水谷氏を思い出します。

新しい選手をもっと見たかったのですが,まだ登場していない選手もいました。

キャンプでのお楽しみです。

山瀬選手は普通に自分のチームの様に見えるところが凄い。崎村選手は大きく見えます。

監督の元気がチーム全体に伝わっているのでしょうか。

新体制も初めから引き締まった印象です。

流石監督は誰でもできるポジションではないですね。

2017年1月 8日 (日)

アビスパ新背番号2017(夢スポより)

新体制発表全クラブ中一番とは!

さて今年は今まで以上に迷うことでしょう。誰のレプリカにするかな~

次は新ユニフォームとキャンプ日程発表ですね!!

1 神山

2 濱田

3 駒野

4 

5 實藤

6 ダニルソン

7 三門

8 松田

9 中原

10 城後

11 坂田

12 サポーター

13 為田

14 冨安

15 末吉

16 石津

17 ウェリントン

18 亀川

19 堤

20 キム

21

22 中村

23 杉山

24 

25 兼田

26 

27 邦本

28 

29 ジウシーニョ

30 下坂

31 山ノ井

32 崎村

33 山瀬

34 

35

36 岩下

37

38

39 三島 

2016年12月31日 (土)

去りゆく2016年

今年仙台ユアスタに初めて行きました。震災後5年にしてやっと。

熊本地震の揺れの怖さがまだ心に残る時期・・・。

大船渡,リアス鉄道,大槌・・・5年経っても延々と続く工事工事の海岸線。

大槌の役場近くを回る路線バスから見た光景と釜石のタクシーの運転手さんのお話は繋がっていました。そして辛いお話も聞かせていただきました。避難した高台までタクシーで案内していただきました。助かったのはこの1台だけだと・・・。会社があとかたなく消失していました。来年また行きたいと思います。

今年もアビスパを応援することが出来ました。感謝。

アビスパおせち今自然解凍中。

2016年8月20日 (土)

2016.08.20 J1‐2nd-9節 新潟3-0福岡

スカパー観戦。

攻撃の形がなかなか見えないゲームでした。

全くチャンスがないわけではないのですが・・・。

対する新潟はゴール前の努力目標を具体化できていました。

新潟の連携は見事でした。

2点目は亀川選手の肩で防いだプレイがハンドと判定されました。

残念。

負けが続くとこのようなことも増えてくるような・・・。

成岡選手はベンチスタート。

解説は梅山氏。博多の森球技場でサイドバックやってましたね。

暑い中現地まで行かれた方ありがとう!お疲れ様。

2016年8月15日 (月)

2016.08.14 J1‐2nd‐8節 福岡1-2鹿島

レベスタ。

1万6千の観衆。そして続く猛暑。順位の厳しいアビスパ。

お盆の真ん中。法事・見舞い・渋滞の中移動など人の絆を深める日々を過ごして

愛しのレベスタに来ると,いつものレベスタがまた違った風景に見えてきます。

買えないことが多い選手弁当,井原監督監修(?)のヘルシー弁当ゲットしました。

嫌いじゃないけど中津唐揚げより対極の監督弁当!

あれほど野菜が入っているのは珍しい。

さて試合は・・・。選手達の気持ちは感じました。

狙われた2度のカウンターであっさり失点するところは負けの最大要素。

攻撃は,アビスパの肝心なところでのパスミスの多さや連携のまずさは鹿島の守備が

させているのでしょうが,本当に惜しい・・・。

鹿島の試合運びの巧さは伝承されていました。

福岡陣内で何度もファールを誘うところなんか「あーこれと同じ場面見た」

という既視感が何度もありました。(あれで倒れるほど弱くないのに・・・なんて)

この試合巧者ぶりが出来るのも得点があればこそ。簡単にやられすぎました。

やられるときはいつもスピードアップのタイミングに後れをとっています。

あの攻撃の連携はアビスパもやれるはずですが,うまく前と後ろがつながっていないと

思います。スペースがなくなっては坂田や金森のスピードも生かせませんから・・・。

押し込まれているときがチャンス!と誰か言ってましたね。

得点はまたもオウンゴール。珍しいことが続くものです。

次は可愛いノリのいた新潟。

なんと成岡選手が甲府戦においてスタメンでワントップでしたね。

次はどうなるのでしょうか。

2016年8月 6日 (土)

2016.08.06 J1‐2nd‐7節 大宮1-0福岡 

前半為田や實藤のロングシュートが枠に飛んだのは嬉しかったですね。

後半大宮CKからこぼれたボールに反応したいつもより強くない家長にゴールを割られました。

もったいない。彼が絶好調だと嫌だったのですが・・・。

坂田選手裏に抜けキープ良かったですね。

2016年7月30日 (土)

2016.07.30 J1‐2nd‐6節 福岡1-1仙台

レベスタ暑い中,体調の心配するほどの不快感・・・。

選手達体がやはり強いと思います。最後までよく走りました。

失点は前半パスワークで翻弄され崩され先制されました。

しかし後半追いつく展開で盛り上がりましたが・・・。

冷蔵庫から保冷剤いくつか持参し脇やら首やら冷やしながら観戦。

最後まで根性で走りましたが引き分け止まりでした。

嬉しかったのはまず坂田スタメンだったこと。

やはり一瞬のスピードや判断は健在でした。

最後ゴール決めるところはFW特有の能力だと思います。

スタミナも相当なものがあると思っていましたが今日は坂田らしくゴールを決めて

くれて嬉しかったです。

ウェリントンが後半投入されました。段違いのフィジカル見せてくれましたね。

でも時間不足でした。まだ時間制限でもあるのでしょうか。

彼に当たれば倒れるしすぐファール取られるのは疑問です。

オフサイドのジャッジも今日はちょっと・・・。

チャンスは結構多かったです。

今日のアビスパはスタミナで勝ってたのかな。